長野模型練習会
毎月第二金曜日と第四土曜日に開催している模型好きの集まりです
プロフィール

長野模型練習会/長野模型制作会

Author:長野模型練習会/長野模型制作会
「長野模型練習会/ナガノモデラーズクラブ」へようこそ。

1)長野模型練習会の発足経緯は長野県長野市を中心に模型製作を趣味としている皆さんが気軽に参加していただける事を趣旨とし、2008年に発足しました。

 A)活動規約(長野模型練習会)をご覧ください

 B)毎月第二金曜日に開催しております。

2)ナガノモデラーズクラブの発足経緯は、長野模型練習会の下部組織として若手を中心に展示会・各種コンペによる技術向上を趣旨とし、2014年に発足しました。
 
 A)活動規約(ナガノモデラーズクラブ)をご覧ください。

  B)毎月第四土曜日に開催しております。


【メンバーの方へ】

参加メンバーの多くが社会人のため、毎回確実に開始時間に来れる方がいないのが実情です。
そのため、メンバーの皆様で開催日に最初来た方には3階の事務局にて会場の受付をして頂くようご協力をお願いいたします。

手順は以下の通りです。

(1)予約時間を確認した上で関係者である旨を伝えてください。

(2)会場代800円を立て替えてお支払いください。

(3)領収書と、帰りに提出する報告書を必ず受け取ってください。

(4)会議室に入って電気をつけてください。

(5)終了時に集まった参加費から立て替えた800円を精算してください。

また初めて参加する方が来たときに誰もいないと困ってしまいますので、当日時間に余裕のある方は積極的に早く会場入りしていただき、受付と合わせて対応いただけるようお願いします。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

このブログをリンクに追加する

~県内模型サークル・展示会組織~

松本ジョイフルモデラーズクラブ
信州うえだ模型交流会

最新コメント

~ブログ更新情報~

メンバーのブログリンク集(50音順)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク申請フォーム

この人とブロともになる

【第117回長野模型練習会】のお知らせ
【第117回長野模型練習会】

日時
2018年 04月 13日(金) 18時~22時

場所
もんぜんぷら座302会議室

(もんぜんぷら座3階です。会議室が解らなければ3階事務で「模型の~」と聞いて頂ければわかります)
トイーゴ駐車場の補助が出ます。
(駐車券をご持参ください)

※予定ですので変更の場合もあります。

参加希望の方は活動規約を御覧の上ご参加下さい。
初参加大歓迎です!




第117回長野模型練習会の様子です。
今回は初参加の方が3人いらっしゃいました。



01b1fa922172ce6c54b494b2ba852107b143575fb2.jpg
01bcfa4e6ead2fcf9644ba22faede6a065e72197e3.jpg
01ee44ef4b140ca21d41332822f1cc6161531a536d.jpg

初参加のなおさんの作品。
基本塗装は缶スプレーでおこない、ウェザリングは
タミヤのウェザリングマスターを使用しているそうです。
グフカスタムには、熱収縮チューブを使ったシーリングも施されています。
更に細かいモールドを追加されていて、情報量が多い作品になっております。



01d5629b9b5e30cbae0c4a2e1fba3d5225d9f8e9ee.jpg
0151ca4f9dd69c0b4ed4f881aa3473b50c640142a3.jpg

Mさんの作品。
カーモデルに定評のあるMさんの車は、光沢がとても美しいですね。




018e47bedad09f2fbd2fd5bbc5f99094982301c498.jpg

久々の参加となりました、メノさんの作品。
ダークハウンドとAGE-2マグナムを軸に作られている作品です。
毎回独特のミキシングをしてくるメノさんの作品、完成が楽しみですね。



01c5ba070a0a7602382694aa7a2859508146ee8875.jpg
0129ed4fa8b8e59ed813f20e63e6475cb53119ace0.jpg


ジムスキーUさんの作品。
仮組み状態のBD3と自衛隊のバイク。
バイクはウェザリングをして、ジオラマ(若しくはヴィネット)に
する予定とのことで、アオキノコさんやザビーネさんに聞いていました。



01e8dce06afccd8d3b6c122631ad9fe9cd5242fb1b_20180418215115b1f.jpg
01f7f631f928921478486978cb52cfb81a931bbbd6_20180418215119338.jpg

ムラマサ改さんの作品。
先月の展示会にも出された作品です。
GM/GMをベースに作られたガンダムと、ストレートなGM/GM。
同じ機体でも全然印象が違ってきますね。



01eec1a6828d9be5f22b0acf937e6ccabc41885dbd_20180418215619bad.jpg
01eec308a2865e1ac41c2845119fe086f809b879b6_20180418215620871.jpg

アラハバキさんの作品。
以前作ったブリュンヒルデには水転写デカールを貼って更に
ディテールアップが施されています。
現在は、再びフリーダムを使った作品をてがけているそうです。



01ff1ce30c8d2f4ad5e4a9012264fe239662d5bb17.jpg

寒太郎さんのプロトタイプグフ。
グフらしいといいますか、実戦で使われたような
ウェザリングが決まってますね。



017ea1b05ac4565bec9765b86b84a300dcb0dd0a6b.jpg
01ef220ca681af9ceb72b537c1c3ca6769c95b73c4.jpg

ザビーネさんの作品。
シャーマンは自由フランス軍という、マイナーなところの
車両を再現したそうです。
最近はグラデーションをよく施されています。
初の飛行機モデルとなるスピットファイアも良い感じですね。
寒太郎さんと熱く語っておりました。




▲TOP
名称変更のお知らせ

この度、長野模型制作会は正式名称を「Nagano Modeller's Club」と名称変更させていただくことになりました。

創立以来、長野模型練習会の姉妹サークルとして活動してまいりましたが、多くの方から「長野模型練習会と混同しやすい」、

「組織名というよりは、練習会が行っている制作会と捉えられる」などの多くのご意見をいただきました。

それを基に会のメンバーで協議した結果、このような名称変更という結果になりました。

これまで行ってきました制作会は引き続き、「Nagano Modeller's Club」が行うイベントとして継続してまいります。

今後共、長野模型練習会及びNagano Modeller's Clubをよろしくお願い致します。
▲TOP
Nagano・Modellers・Club:ナガノ・モデラーズ・クラブの活動方針および規約

Nagano・Modellers・Club:ナガノ・モデラーズ・クラブの活動方針および規約は以下の通りです。

ナガノ・モデラーズ・クラブは長野模型練習会の下部組織のため共通事項は省略しており独自の部分のみ記載しています。  
‣※(共通事項)とある部分は、長野模型練習会規約をご確認ください


1.活動方針

(1)制作技術の向上と互いの交流を目的とする

・制作作業を通し互いの親睦を深める場とする。
・全メンバーで協議し目標や課題・企画を立案、技術の向上をめざす場とする。
※各メンバー個々の作業環境でできる範囲での技術向上を図る
・各課題を通して目標を意識した作品制作を行うこととする。
・感性(印象を受け入れる能力)の向上に努める
・向上する気持ちを忘れないこと

(2)展示会・コンテストにすすんで参加する

 ・結果を恐れずコンテスト、展示会に参加することで様々なジャンルのモデラーと交流を深める場とする。
 
(3)メンバー全員が主体となり会を運営していくこととする

 ・会を運営するのはメンバー全員であり積極的に参加することとする。
 ・企画を運営する際は主幹を設けることとする。
・会で意思決定した内容に沿って行うこと(勝手な行為は行わないこと)
 ※主幹問わず決めたことは最後まで責任を持って行うこと。

2.参加される方へ
 ・開催名称 「長野模型制作会」
 ・開催日 毎月第4土曜日 17時~21時
 ・会場  〒380-0835 長野市新田町1485-1
       「もんぜんぷら座」 3階会議室 
 ※会場確保の都合により場所や時間が変更となる場合あります。

(1)制作技術の向上・交流を希望される方はどなたでも参加できます

 ・模型制作が今よりも上手くなりたいと思う方でしたら、どなたでも参加できます。
 ※最初から上手い方はいません。「素組なんだけど・・・」、「塗装できないのに参加してもな・・・・」と思わず参加してみてください。
 ・参加を希望される方は当ブログ、ツイッター、facebookにコメントしていただくか、メンバーに一声かけてください。

(2)未成年の方は保護者の同意をもらってください (共通事項)

(3)参加費用を頂いております 
健全な会運営の為に2018年度4月より会員制度を導入するします。
1) 年度始め(4月)に年会費を頂く形になります(会員の方のみ) 
A) 徴収金額は前年度の繰越金を加えた形で会場費、必要経費を人数分で割った金額を頂く形になります
B) 年会費制にするにあたり会員名簿を作成しております(代表担当)
C) 会員の方はその年度の会場費・備品代の徴収は致しません
D) 会場費の予算は前年度末に来年度開催する回数を決めてから出します
※会場費は開催しない月の分を差し引き分した分を会員人数で割ります。
※開催しない月に開催する場合のみ会員の方は100円お支払いください)
E) 会員以外の方ゲスト会員の方は参加時に200円徴収させていただいております
F) ゲスト会員の方は参加費や掛かった備品代は頂いております。
G) 年度末には会計担当から収支報告書を提出させて頂きますので確認をお願いします。
   ※初参加の方は1回目の参加費は徴収しておりません
 2)展示会出展の際は別途、区画費を参加人数で割った金額をお支払いいただきます



代表者・運営について
①役職は2年ごとに改選を行うものとする。
②任期中に役職を任命・解く場合は参加者の半数以上の同意を得ること
 
・役職は以下の通り
   ・代表一名、副代表二名、会計(会場管理)一名、広報一名、備品管理一名
   (役職の重複は認めるものとする)
 
 ■代表:  清水 康隆 (しみず やすたか)
 ■モデラーネーム: ムラマサ改



3.注意事項

(1)未成年の健全育成のため公序良俗に反する物は持ち込まない (共通事項)

(2)参加者の技術レベルや制作環境はまちまちです(共通事項)

(3)企画発表日以外は完成品を持ってくる必要はありません。

 ・完成品は毎回持ってくる必要はありません。
 ・企画に参加される方は、発表日に定められた工程状態か完成品を持ってきてください。

(4)一般マナー・ルールは守りましょう (共通事項)

(5)以下の行為は禁止します(共通事項)
 
(6)お車でお越しの方へ(共通事項)


参加予定の方は必ず活動規約をお読み頂き、ご理解いただいたうえで参加してください。
また活動規約を守れない方につきましては参加をご遠慮いただく場合もございます。


皆さんが気持ちよく楽しく活動するためのルールですのでよろしくお願いいたします。

▲TOP
第2回長野模型交流展 その他キャラクター編
 今回で最後となりました、第2回長野模型交流展の作品紹介。
今回は、ガンダム以外のキャラクター模型を紹介します。


P1030940.jpg
P1011642.jpg

miyanoさんの作品。
何と言っても目をひくのは、フルスクラッチのゴル大尉。
パテの塊からここまで成形されているのは凄いですね。
愛機のスタークゲバイは旧キットのゲバイにグレイズの
関節などを入れてミキシングしたものです。
愛機とパイロットが並ぶのは、どんな作品でも素晴らしいですね。
マジンガーZはメタリックを基調とした仕上がりになっております。



P1011661.jpg

Hさんが作られたMGのイングラム1号機。
こちらもあまり、作られている人を見かけないキットです。
Hさんはつい最近からプラモデルを始められたそうです。
始めて間もないのに、イングラムをチョイスするのはなかなか
マニアックなモノを感じます。



P1030873.jpg
P1030867.jpg

ムラマサ改さんのメカトロウィーゴとアーケロン。
ウィーゴは、1/20と1/35をあわせて親子のような
雰囲気を演出されています。
更に、1/35ウィーゴは遊んでいて、1/20ウィーゴが
アイコスを咥えながら見守っているという、日常的な
リアリティーがありますね。
マシーネンのアーケロンは箱絵を意識した塗装が良いですね。
初マシーネンとのことですが、初めてとは思えない仕上がりです。



P1030919.jpg

leoさんのレッド・ファイブ。
シルエットに特徴がある機体ですが、脚の羽根(?)、オーロラ色の
部品が特に良いですね。
白いパーツも硬さと冷たさを感じさせる色合いになっていますね。



P1011680.jpg
P1011679.jpg

NさんのケッツァーとAFS Mk-Ⅱ。
機体もさることながら、フィギュアの
顔つきが凄くくっきりとしています。
他にもフィギュア作品を出展されていましたが、
どれも顔立ちがハッキリとしていて生きているようでした。
マシーネンの塗装はオール筆塗り。
傷も細かく描き入れているそうです。



P1030914.jpg
P1030915.jpg

寒太郎さんのフレームアームズ・ガール「轟雷」と「スティレット」。
轟雷はあっさりめの塗装ですが、キャラクター模型というより
スケールモデル寄りに感じます。
スティレットは、ストロングライフルを軸にオーバースケール調の
立たせ方が良いですね。
こういったやり方は他のキャラクター模型でも活かせるのではないでしょうか。







以上をもちまして、第2回長野模型交流展の作品紹介を終了とさせていただきます。
また来年度の開催も予定しておりますので、詳細は順次ブログにて発表させていただきます。
ありがとうございました。

▲TOP
第2回長野模型交流展 AFV&情景作品編
今回は、AFVと情景作品編をお送りします。


P1030909.jpg

デコリンコ・テカリスキーさんのシャール2C。
1次大戦でフランス軍が使用した車両です。
戦車はウェザリングが要ですが、こちらの車両は実戦には
出ず、式典等で利用されたため、目立った汚れが付かなかったとのこと。
それでも所々にススっぽいウェザリングが施されています。
履帯の銀ブラシも良いですね。



P1011678.jpg

ザビーネさんの7トン4輪装甲車のヴィネット。
小さい中にギュッと詰め込まれた情景作品になっています。
電柱が高さを演出し、ボサボサ気味の草やその間にある石が
より密度を上げているように見えます。
車両の反対側には柵も設置されていました。



P1030878.jpg

中崎商店さんのチーフティンMk.5。
全体的に退色表現が施されています。
使用中と言うよりは、放棄されて間もない
車両というイメージでしょうか。



P1011665.jpg

Iさんの作品。
T-34/85はご友人の方の作品で、BT-42はご自身の作品。
何方の車両にも、ご自身が作られたガルパンキャラが配置されております。
ミリタリーフィギュアも良いですが、キャラクターが配置されているだけでも
普通の車両と違う印象だけでなく、物語性も感じられます。



P1011686.jpg

Nさんの作品。
Ⅰ号戦車(?)を改造した対空戦車でしょうか。
フィギュアも乗っているため、臨場感もありますが、あえて兵士の
背中を向けているところを見ると、応戦中という雰囲気もあります。
右の兵士が喋りかけているようにも見えるのが、戦闘中という
雰囲気を更に演出していますね。



P1011647.jpg

miyanoさんの1/72Ⅲ号突撃砲F型(カバさんチーム仕様)。
1/72というスケールもそうですが、DRAGONの金型がモトのキットを
こうも綺麗に仕上げてくるのは素晴らしいですね。
塗り分けもしっかりされており、細かさも含めてインパクトがありました。



P1011636.jpg

kuraさんのティーガーⅡ。
ガルパンの黒森峰女学園が使っていた車両に仕上げております。
しかも使用キットはニチモ製というレア物を使用。
他のキングタイガーにはない、シンプルな角ばった感じがします。
こういう車両のほうが、よりキャラクター性が上がって、ガルパンには
向いているのではないかとも思いました。



P1011688.jpg

アオキノコさんの情景作品「イブツ」。
レトロな感じの雰囲気と、ガレキのフィギュア。
そして鋳造風にしたメカトロウィーゴ。
異なる材質に仕上げた機体に、異なる雰囲気のキャラクター。
そして現実とは離れた感じの空間。
まさしく、「イブツ」というタイトルがふさわしい作品だと思います。

▲TOP
第2回長野模型交流展 ガンプラ編
今回は、第2回長野模型交流展に出展された作品の中から、ガンプラの作品紹介させていただきます。


P1011645.jpg

miyanoさんのHGUCゴック。
水中迷彩が施されています。
水陸両用機のゴックにはピッタリの塗装ですが、
色調も整っています。
水面に近い辺りで活動していそうな感じですね。



P1011651.jpg

えぬびぃさんのMG AGE-2ダブルバレット。
ご本人曰く、MGの完全塗装は初めてだそうです。
本来のダブルバレットよりも色合いを淡くしていることで、
実物よりも大きめのスケールに見えます。



P1011671.jpg

アラハバキさんのブリュンヒルデ。
グリムゲルデを改造した作品です。
両側に飾ってあるのは換装した可能な武装。
以前作られた、バルバトスの改造作品とコンビを組む機体という
オリジナルの設定で作られています。
工作や設定の独自性が作品によく現れていますね。



P1011695.jpg

AさんのガンダムMk-Ⅲ。
各所に改修が施されているだけでなく、
塗装とコーションデカールのバランスも整っていますね。
部分的な塗り分けも加わり、目をひく要素が詰まっていると思います。



P1030870.jpg

ムラマサ改さんのサイコガンダム。
軸にPGのストライクガンダムを使い、各所をパテや
プラ板で改修されてた作品です。
昨年のNIPCOMでは、2つの賞を受賞しただけあって、
迫力もさることながら、精度も高いものになっています。



P1030910.jpg

デコリンコ・テカリスキーさんの陸戦型ガンダム。
機体の各所に細かいディテールが追加され、
より情報量が増した作品になっています。
陸戦型ガンダム自体も情報量は多いですが、こうして
倍増させることで精密さが上がっているように見えますね。



P1030913.jpg

寒太郎さんのバルバトスルプス。
エッジがしっかりと出ているだけでなく、そこに
チッピングが加わることで、実際に動いていた
雰囲気を演出しております。
1/100は大きめのパーツのエッジ出しだけでも
結構映えると、ご本人は言っていました。



P1030854.jpg

おいしい泥水さんのニトクリス・バウンドドック。
ニトクリスらしい髪の毛はパテによる成形です。
スクラッチを得意とされているだけあって、見て直ぐに
ニトクリスとわかる形なっています。



P1011656.jpg

アメノミさんのランドマン・ロディを使ったジオラマ。
アストンとタカキの機体でしょうか。
2人の少年兵が駆け抜けていくように見えます。
ベースもかなり手が加わっており、どの場面を
作品にしたのかがよくわかりますね。



P1030921.jpg

コバタカさんのプチッガイ。
マーブリングという技法で塗られた作品です。
以前、leoさんが作ってきた作品を参考に作られたそうです。
大理石のような塗装が綺麗であると同時に、一層硬いイメージを
彷彿させる仕上がりになっております。



P1030862.jpg

ユウさんのAGE-2マグナム。
最新キットを仕上げて出展されたことが何よりも
凄いと思います。
GM/GMと同じ様にアニメ画を意識した塗装に挑戦されていて
チャレンジ精神の旺盛さを感じました。
機体自体も、綺麗に仕上がっており、見応え充分でした。



▲TOP
第2回長野模型交流展 MJMC編
 今回はゲストとしてお越しいただきました、松本の模型サークル「MJMC」の皆様の作品紹介です。


P1030884.jpg
P1030885.jpg

Yさんのウィングゼロカスタムとミレニアムファルコン。
ゼロカスはすごく綺麗に仕上がっております。
ミレニアムファルコンは激戦をくぐり抜けたようなウェザリングが
存在感を醸し出していますね。



P1030883.jpg
P1030886.jpg
P1030887.jpg
P1030888.jpg

少尉さんの作品。
タイガーモス号がすごく印象的でした。
ヴァースキのナイトシーカーにエコーズジェガンも見事な仕上がりです。
ジムⅢベースのナイトシーカーというチョイスもマニアック!!
コスモファルコンのしっとりした塗装も独特ですね。



P1030889.jpg
P1030890.jpg
P1030891.jpg
P1030892.jpg
P1030893.jpg
P1030894.jpg

総長さんのプチッガイ&ベアッガイ軍団!!
プチッガイはビーズを使ったドレスが可愛いですね。
多くの女性来場者さんが足を止めて見ていました。
ベアッガイはパール塗装で統一されているのがまた綺麗です。



P1030895.jpg
P1030896.jpg
P1030898.jpg
P1030897.jpg
P1030901.jpg

でんちゅうさんの作品。
フィギュア軍団は80年代のキャラクターが集合しました。
キリコやフィアナ、レッシーなどいろいろな作品の
キャラクターが詰まっています。
まるで宝箱のようですね。
ジェットモグラはドリル部分が可動するようになっています。
ガンダムにバルバトスルプス、ダイナロボは全体的にくっきりとした
作りになっていて、こちらも見応えバッチリです。



P1030899.jpg

ウキワマンさんのヴァル・ヴァロ。
ヴァル・ヴァロを作っている方ってあまり見かけないので、
こうして完成品を見れるだけでもすごくインパクトがあります。
色合いもくすんだ色合いのためか、ケリィが苦労して組み上げた
というストーリーを物語っているように感じます。



P1030900.jpg
P1030902.jpg
P1030904.jpg
P1030903.jpg

KOMATUさんの作品。
マシーネンに定評のあるKOMATUさんのファルケにルナポーン、
ルナダイバーはどれも製品見本かと思うくらいクオリティが高いです。
既存のフィギュアを改造して作った羽川と戦場ヶ原は意外性のある作品でした。
作られるのに結構かかってのではないかと思います。



P1030929.jpg
P1030930.jpg

くららさんの旧ザクとザクⅡ。
旧ザクは「宇宙のイシュタム」という作品に出てきたものを
イメージして作られたそうです。
ザクⅡの方は、オリジナルのでしょうか。
こちらもウェザリングが施されているのが良いですね。




▲TOP
第2回長野模型交流展 ジオラマ編
 本日は企画展示として行われた「ジオラマコンペ」の作品をご紹介いたします。

P1030925.jpg

中崎商店さんの作品。
「放棄されたビッグショット」をイメージして作られたそうです。
塗装のやり方は、別の展示会で土居雅博さんから質問されたそうです。
使用感もさることながら、ポツンと佇むのが「いかにも放棄車両」という
演出が素晴らしいですね。



P1030924.jpg
P1030926.jpg

ザビーネさんの作品。
1枚目はマシーネンクリーガーの展示会にも出展された作品。
森林地帯で敵対する組織同士の機体が偶然遭遇した場面を作ったものです。
ベースの作り込みと遭遇した感じを思わせるポージングで臨場感があります。
2枚目は新作のAFVジオラマ。
偵察に出た戦車と歩兵隊が敵を見つけた雰囲気を感じます。
ベースはセメントで出来ているそうで、砂っぽいザラザラ感が出ていました。
兵士の配置も良いですね。



P1030927.jpg

アオキノコさんの作品。
カート・コバーンという歌手の人生に衝撃を受け、作ったとのことです。
創作理由もさることながら、カート・コバーンをミリタリーフィギュアから作り、
靴紐や椅子、ギターをもスクラッチしてしまったところに情熱を感じました。
トラックは、TAKOMの軍用車両を改造して作ったそうです。



P1030928.jpg

少尉さんの作品。
サンダー・ボルト版陸戦型ガンダム、そして脇に壊れた61式戦車が居ます。
同じ組織の機体であっても、力量差があり相手にやられてしまったものと、
それに対抗できるもの。
このジオラマ(ヴィネット)にはそれが上手く表現されていると思います。
フィギュアも配置してあるのポイントですね。






▲TOP
第2回長野模型交流展 GM/GM編
 今回は、企画展示として行わた「GM/GMコンペ」の作品を紹介します。


P1011702.jpg
P1011703.jpg
P1011704.jpg

中崎商店さんのGM/GMジオラマ。
ジャブローを彷彿させます。
3機のGM/GMに囲まれれば、シャアといえど立ち往生!?



P1011706.jpg

パル24さんのGM/ジム・キャノン。
イメージは、サンダー・ボルトに出てきたジム・キャノンとのこと。
左腕に付いた2連ビームライフルがそれを意識した感じになっています。



P1011707.jpg

アメノミさんの作品。
1/100バルバトスルプスレクスとのミキシングです。
これはもう見るだけで強い機体ですね。



P1011708.jpg

ザビーネさんのGM/L-BIT。
機体イメージはハイブーストジム、塗装はレオパルドビットという
異なる作品の機体イメージを1つにしたそうです。
実在しそうな感じが良いですね。



P1011709.jpg

ジムスキーUさんの武者ジム。
武者ガンダムも格好良いですが、武者にしたジムも格好良いですね。
ポージングもバッチリ決まってます。



P1011710.jpg

ジンさんのGM/GM。
独特の模様のシールドが目をひきます。
他の機体のパーツを使うことで、改良型っぽい感じにも見えますね。



P1011711.jpg
P1011712.jpg

ムラマサ改さんのガンダムディストリ―とGM/GM。
ガンダムは「GM/GM使ってます」と言わないと
分からないくらいに手が入っております。
GM/GMの見本は、他の作品との対比になって良いですね。



P1011713.jpg

ユウさんのアニメ塗りGM/GM。
光の当たり具合でアニメ画のような塗装に見える作品です。
色々と挑戦されていて、素晴らしいですね。



P1011714.jpg

総長さんのGM/GM。
オールメタリック塗装で仕上げられてます。
全体的に装甲のかたさを感じます。



P1011715.jpg

おいしい泥水さんのGM/GMライトアーマーカスタム。
細かいモールドとディテールアップ印象的ですね。
ビーム・ジャベリンの大きさも、機体をより引き立てています。



P1011716.jpg

miyanoさんのフルアーマーGM/GM。
流用パーツで構成されながらも、しっかりとまとまっています。
色合いも少し青みがかっているのが単調ではなく面白いですね。



P1011717.jpg

NさんのGM/GM。
ミリタリー感のある工作と塗装が印象的です。
様々なキットのパーツを使っていますが、違和感が
無いのが凄いです。



P1011718.jpg

AさんのGM/GM。
これもまた「居そうな感じ」がしっかりと出ているGM/GMですね。
武装の配置が左右非対称の部分がまた良いですね。


P1011720.jpg

ウキワマンさんのGM/GM。
レイズナーをイメージした作品です。
他作品の機体を、パーツを上手く使うことで
しっかりと表現されています。



▲TOP
第2回長野模型交流展の御礼
 昨日行われました、第2回長野模型交流展は

来場者数:101人
出展作品数:約190作品


となりました。
多くの方々にご来場いただき、また多くのモデラーさんに参加いただきまして大変感謝しております。
様々な方から「参加してよかった」、「また出たい」、「久々に作りたくなった」とのお言葉をいただきまして
運営側としてはこの上ない喜びを感じております。
また、至らないところも多々ありそれに伴いまして、ご迷惑おかけしましたこともありました。
この場を借りまして、お詫びいたします。
誠に申し訳ありませんでした。

しかし、その部分を引いたとしても、今回の展示会は昨年と同等あるいはそれ以上の質を出せたのではないかと
感じております。
来季は今年の反省を活かし、また多くのモデラーさんに参加していただける展示会にすると共に、より質の高い
展示会にできるよう、運営一同、精進してまいります。

まずは、参加いただきました皆様、そしてご協力いただきました皆様、そして参加いただきました皆様。
大変お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。


※近日中に参加作品をブログで公開させていただきます。
全作品の公開にはないませんので、ご了承ください。
▲TOP