長野模型練習会
毎月第二金曜日と第四土曜日に開催している模型好きの集まりです
プロフィール

長野模型練習会/長野模型制作会

Author:長野模型練習会/長野模型制作会
「長野模型練習会/長野模型製作会」へようこそ。

1)長野模型練習会の発足経緯は長野県長野市を中心に模型製作を趣味としている皆さんが気軽に参加していただける事を趣旨とし、2008年に発足しました。

 A)活動規約(長野模型練習会)をご覧ください

 B)毎月第二金曜日に開催しております。

2)長野模型制作会の発足経緯は、長野模型練習会の下部組織として若手を中心に展示会・各種コンペによる技術向上を趣旨とし、2014年に発足しました。
 
 A)活動規約(長野模型制作会)をご覧ください。

  B)毎月第四土曜日に開催しております。


【メンバーの方へ】

参加メンバーの多くが社会人のため、毎回確実に開始時間に来れる方がいないのが実情です。
そのため、メンバーの皆様で開催日に最初来た方には3階の事務局にて会場の受付をして頂くようご協力をお願いいたします。

手順は以下の通りです。

(1)予約時間を確認した上で関係者である旨を伝えてください。

(2)会場代800円を立て替えてお支払いください。

(3)領収書と、帰りに提出する報告書を必ず受け取ってください。

(4)会議室に入って電気をつけてください。

(5)終了時に集まった参加費から立て替えた800円を精算してください。

また初めて参加する方が来たときに誰もいないと困ってしまいますので、当日時間に余裕のある方は積極的に早く会場入りしていただき、受付と合わせて対応いただけるようお願いします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

このブログをリンクに追加する

~県内模型サークル・展示会組織~

松本ジョイフルモデラーズクラブ
信州うえだ模型交流会

最新コメント

~ブログ更新情報~

メンバーのブログリンク集(50音順)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク申請フォーム

この人とブロともになる

【第1回長野模型交流展】キャラクター(ZOIDS)編

今回から、数回に分けてキャラクターモノの作品紹介記事になります。
まずは、未だに根強い人気を誇るZOIDS(ゾイド)作品から。




<P1020927.jpg
DSCF7873.jpg
DSCF7795.jpg

アラハバキさんのゴジュラス・ジ・オーガとデススティンガー2体。
大型ゾイドを多く作っているアラハバキさん。
中でも好きだという2体を出展していました。
未塗装ですが、武装やキット本体で十分な迫力を感じます。
デススティンガーは「阿吽」を意識して、ゴジュラス・ジ・オーガの両サイドに並べたそうです。



P1020941.jpg
P1020939.jpg

初心者さんのアイアンコング(プロイツェン・ナイツ)とダークホーン。
こちらも未塗装作品。
アラハバキさんの作品に負けず劣らずの重武装っぷりが素晴らしいです。
ゾイド系はカメラ部分が多く、クリアーパーツ数も多いですがそれが逆にアクセントとなっているように感じます。



P1020933.jpg
P1020936.jpg
P1020938.jpg

leoさんのDスタイルシリーズ。
上からウルトラザウルス、アイアンコング、デスザウラー。
小さいながらも、動きが凄く良いですね。
吠えるポーズも、大きな作品に負けない迫力を感じます。



P1020943.jpg
P1020946.jpg

初心者さんのグレートサーベルとシールドライガーMk-II。
タカラトミーから出ている、1/144という珍しいスケールの2作品です。
マニアックで作りやすいうえに、細かいところまで色分けされています。
パイピングなどの細かい部分まで再現されていて、素晴らしい作品ですね。



※次回はキャラクター編第2弾をお送りします。
▲TOP
【第1回長野模型交流展】マシーネン・クリーガー(Ma.k)編
長野模型交流展の作品紹介、今回はマシーネン・クリーガー編です。





DSCF7862.jpg
DSCF8081.jpg

ザビーネさんの陸戦ガンス(1枚目)とパックレーテ(2枚目)。
どちらもヴィネットとして仕上げた作品です。
陸戦ガンスは使い込まれた感じと、それをチェックし考え込んでいる整備員との組合せが
戦場とは違ったリアリティを演出していました。
パックレーテは、森に潜み、相手を狙うようなイメージの作品。
迷彩も明るめの線状迷彩が暗めのベース色と相まって、何やら危なそうな
雰囲気を醸し出していました。



P1020914.jpg

佐トさんのホルニッセ。
地上にいる味方に手を振っているように見えます。
フライトユニット(?)に施された迷彩、エンジン部分の鈍いメタリック感も、戦闘機モデルに
劣らない仕上がりになっています。



P1020915.jpg

寒太郎さんのノイスポッター&ケッツァー。
今ではめったに見ることのできないノイスポッターの完成品は何度見ても良いですね。
ケッツァーと並べてみると、この作品は偵察部隊っぽい感じに見えます。
ちなみに、カメラには電飾(?)も仕込まれていました。



DSCF7864.jpg

ちゅうさんのグローサーフント。
グローサーフントはドイツ戦車風の3色迷彩が有名ですが、この3色迷彩も良い感じですね。
特に少し濃い目のオレンジの識別帯がアクセントになっています。
青みがかったグレーも格好いいですね。



P1020917.jpg

同じく、ちゅうさんのファルケ。
塗装カードに同じようなスプリッター迷彩の塗装パターンがありますが、こちらは普通の迷彩
タッチで仕上げてあります。
こちらはグローサーフントと違い、茶色がアクセントになっています。
こういう、既存の迷彩パターンに囚われない塗装が楽しめるのもマシーネンの魅力ですね。



DSCF7866.jpg

やまざきさんのシーピッグのヴィネット「Drifter」。
燃料が切れ、宇宙空間を彷徨い、傷だらけになった風合いがしました。
つっかかっている隕石はスタイロフォームを溶かしながら作ったものです。
ちらっと見えている骸骨は、彷徨った挙句、白骨化したパイロット。
細かいところに説得力があって、素晴らしい作品です。



DSCF7769.jpg

ザビーネさんのファイアボール。
制作中のものです。
今後どのようになっていくか、気になるところです。
ご本人は「またヴィネットかな~~?」とおっしゃっていました。



DSCF7759.jpg

ちゅうさんのルナダイバー・スティングレイ。
これは他のキットとは違い、1/35スケールです。
ルナダイバーにファイアボールSGが2体随伴しているものです。
盾を構えているところ見ると、接敵したシーンでしょうか?
右下の機体は応戦体制にも見えます。
ベースや情景がなくても、使われているシーンがわかりやすく表現されている作品です。



※次回から数回に渡り、キャラクター編をお送りします。
▲TOP
【第1回長野模型交流展】AFV編(ソ連軍)

AFV作品。
今回はソ連軍の戦車作品を紹介します。




DSCF8064.jpg

ザビーネさんのKV-1。
フィルタリングという技法を初めて使われた作品だそうです。
砲塔と足回りでウェザリングの強弱があり、より使用感のある作品に仕上がっていました。



P1020884.jpg

デコリンコ・テカリスキーさんのKV-1。
不自然さを感じない部品の欠け、足回りの乾いた感じのウェザリングが良いですね。
フィギュアも乗っているので、より躍動感ある作品になっています。


P1020880.jpg
P1020879.jpg

こちらもデコリンコさんの作品。
KV-2 先行量産型とKV-2。
どちらもトランペッターのキットです。
KV-2はタミヤの箱絵を意識したような塗装に見えます。
先行量産型の方は砲塔の形やディテールが異なっており、同じ戦車の違いを
見て楽しめるようになっていました。



P1020878.jpg

続くKV-2はザビーネさんが作ったプラウダ高校仕様。
TV版では冬季迷彩に塗られ、劇場版ではグリーンの塗装だったこの車両。
「アニメの車両にリアリティを入れてみたら」というコンセプトで作られたそうです。
冬季迷彩の剥がれ具合とキャタピラに詰まった雪、錆などが良い風合いになっていました。



DSCF7753.jpg
DSCF7755.jpg

デコリンコさんのJS-2とJSU-152。
どちらも大戦後期に作られた重量級の車両です。
大戦後期~冷戦時代のソ連戦車は暗めの緑色だったと言われており、
この2台もそれに近い塗料で塗られています。
また、その色合いにより重たさや力強さをも表現されているように見えました。



P1020883.jpg

デコリンコさんのBMP-3。
ロシア連邦の歩兵戦闘車です。
丸太を積んでいる為、湿地帯で使わている車両のように見えます。
砲身基部のカバーの色も黄色に塗らていて、材質の違いがわかりやすく表現されていました。



※次回はマシーネン・クリーガー(Ma.K)編をお送りします。
▲TOP
【第1回長野模型交流展】AFV編(イギリス軍&ドイツ軍、陸上自衛隊)
スケールモノの作品紹介、今日から2回に渡りAFV作品を紹介します。
本日は、イギリス軍とドイツ軍、そして陸上自衛隊の車両です。





P1020862.jpg
P1020864.jpg

デコリンコ・テカリスキーさんのマークAホイペットとMk.Ⅳ。
一次戦モノは主砲が無い分、機銃やそのフォルム、塗装で見方が違ってきますね。
デコリンコさんの作品はカラーモジュレーションを意識した
塗装と抑えめのウェザリングでとても格好良かったです。



P1020865.jpg
P1020866.jpg
P1030118.jpg

ザビーネさんのチャーチルMk.Ⅶ、ファイアフライⅤc、クロムウェルMk.Ⅳ。
こちらは二次戦のイギリス軍車両群。
チャーチルとファイアフライは乾いた感じのウェザリングが大戦後期に活躍していた
ような雰囲気を出しています。
クロムウェルは、仲田裕之さんのハウトゥー本を参考に塗装されたそうです。



P1020873.jpg
P1020874.jpg

ちゅうさんのパンターG型とヘッツァー。
パンターは装備品のパーツが多く、資料を見ないと作り上げられないと言っていました。
その資料をもとに再現されたパンター、迷彩も含めてとても素晴らしい作品でした。
ヘッツァーも単色ながら、足回りのウェザリングにより、苦境で活躍していた
雰囲気を醸し出していました。



P1020876.jpg

デコリンコ・テカリスキーさんのノイバウフォールツォイク。
ドイツの多砲塔戦車です。
こちらはジャーマングレーを明るめに塗装されているためか、
くっきりとしており、多砲塔戦車らしく堂々とした風格が漂っていました。



P1030116.jpg

ザビーネさんのⅢ号戦車L型。
カラーリングは、別のメーカーから出ている同じ戦車の箱絵を
参考に塗装したとのこと。
冬季迷彩の上から、油絵の具を使って落ち着かせているそうです。
落ち着いてはいますが、冬の厳しい中で戦っている荒々しさも感じますね。



P1030117.jpg

こちらは、ザビーネさんの制作中のⅣ号戦車H型。
タミヤ製のもので、コマンダーキューポラのハッチが開閉式になっています。
シュルツェンは別加工中で、仕上がりもどうするかは決めてないとのこと。
今後の展開が楽しみです。



P1020891.jpg

leoさんの10式戦車。
フジミのちび丸シリーズです。
陸上自衛隊の迷彩は難しいのですが、これはとても見事な迷彩になっています。
フェンダーのゴム部分も塗り分けてあり、小さいながらもリアリティのある
仕上がりになっています。



※次回はAFV編(ソ連軍)をお送りします。

▲TOP
【第1回長野模型交流展】カーモデル&バイク、飛行機&船編


本日から、スケールモノの作品をご紹介いたします。
まずは飛行機、車、バイク、船です。





P1020904.jpg

佐トさんのフランカー。
このフランカーは複座タイプだそうです。
青い迷彩はあまり見かけないので、非常に目をひかれました。


P1020901.jpg
P1020899.jpg
P1020897.jpg

ちゅうさんのサボイアとカーチス。
とてもきれいな光沢塗装が施されています。
紅の豚で印象的な2機の光沢仕上げは、
両者の誇らしげな勇姿をより強調しているように見えます。



P1020893.jpg
DSCF7780.jpg


leoさんのラプター(たまごひこーき)とミレニアム・ファルコン。
たまごひこーきは、パイロットがキャラクター風の女性パイロットになっています。
このキットは、近年では再販もかかっていないので、
生で見るのは初めてだった方も多いと思います。
ミレニアム・ファルコンはバンダイのもの。
手のひらに乗るサイズながら、塗装によりモールドもくっきりとしていて
大型の同キットに見劣りしないモノになっていました。



P1020881.jpg

アラハバキさんの大和。
甲板と艦底のみの塗装で仕上げた作品です。
甲板は丸々別パーツ化されていて、塗装が楽だったとのこと。
タミヤのキットは、いたるところに作りやすさが盛り込まれていて
部分塗装でも十分な仕上がりでした。



P1020858.jpg
P1020857.jpg
P1020856.jpg

アラハバキさんのランエボ、ハチロク、GT-R。
これはどれも未塗装品!!
「未塗装です」と言われない限り、絶対塗装された作品だと感じます。
カーモデルでも未塗装で完成度が高いのがあると、作ってみたくなりますね。



DSCF7821.jpg


アオキノコさんのバイクジオラマ。
レースのスピード感が出ていますね。
コーナリングでのワンシーンを写真にしたようにも見えます。
フィギュア(ロッシ)の顔もしっかりと塗装されていました。




※次回はAFV編(イギリス軍&ドイツ軍、自衛隊)をお送りします。



▲TOP