FC2ブログ
長野模型練習会
毎月第二金曜日と第四土曜日に開催している模型好きの集まりです
プロフィール

長野模型練習会/長野模型制作会

Author:長野模型練習会/長野模型制作会
「長野模型練習会/ナガノモデラーズクラブ」へようこそ。

1)長野模型練習会の発足経緯は長野県長野市を中心に模型製作を趣味としている皆さんが気軽に参加していただける事を趣旨とし、2008年に発足しました。

 A)活動規約(長野模型練習会)をご覧ください

 B)毎月第二金曜日に開催しております。

2)ナガノモデラーズクラブの発足経緯は、長野模型練習会の下部組織として若手を中心に展示会・各種コンペによる技術向上を趣旨とし、2014年に発足しました。
 
 A)活動規約(ナガノモデラーズクラブ)をご覧ください。

  B)毎月第四土曜日に開催しております。


【メンバーの方へ】

参加メンバーの多くが社会人のため、毎回確実に開始時間に来れる方がいないのが実情です。
そのため、メンバーの皆様で開催日に最初来た方には3階の事務局にて会場の受付をして頂くようご協力をお願いいたします。

手順は以下の通りです。

(1)予約時間を確認した上で関係者である旨を伝えてください。

(2)会場代800円を立て替えてお支払いください。

(3)領収書と、帰りに提出する報告書を必ず受け取ってください。

(4)会議室に入って電気をつけてください。

(5)終了時に集まった参加費から立て替えた800円を精算してください。

また初めて参加する方が来たときに誰もいないと困ってしまいますので、当日時間に余裕のある方は積極的に早く会場入りしていただき、受付と合わせて対応いただけるようお願いします。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

このブログをリンクに追加する

~県内模型サークル・展示会組織~

松本ジョイフルモデラーズクラブ
信州うえだ模型交流会

最新コメント

~ブログ更新情報~

メンバーのブログリンク集(50音順)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク申請フォーム

この人とブロともになる

第2回長野模型交流展 その他キャラクター編
 今回で最後となりました、第2回長野模型交流展の作品紹介。
今回は、ガンダム以外のキャラクター模型を紹介します。


P1030940.jpg
P1011642.jpg

miyanoさんの作品。
何と言っても目をひくのは、フルスクラッチのゴル大尉。
パテの塊からここまで成形されているのは凄いですね。
愛機のスタークゲバイは旧キットのゲバイにグレイズの
関節などを入れてミキシングしたものです。
愛機とパイロットが並ぶのは、どんな作品でも素晴らしいですね。
マジンガーZはメタリックを基調とした仕上がりになっております。



P1011661.jpg

Hさんが作られたMGのイングラム1号機。
こちらもあまり、作られている人を見かけないキットです。
Hさんはつい最近からプラモデルを始められたそうです。
始めて間もないのに、イングラムをチョイスするのはなかなか
マニアックなモノを感じます。



P1030873.jpg
P1030867.jpg

ムラマサ改さんのメカトロウィーゴとアーケロン。
ウィーゴは、1/20と1/35をあわせて親子のような
雰囲気を演出されています。
更に、1/35ウィーゴは遊んでいて、1/20ウィーゴが
アイコスを咥えながら見守っているという、日常的な
リアリティーがありますね。
マシーネンのアーケロンは箱絵を意識した塗装が良いですね。
初マシーネンとのことですが、初めてとは思えない仕上がりです。



P1030919.jpg

leoさんのレッド・ファイブ。
シルエットに特徴がある機体ですが、脚の羽根(?)、オーロラ色の
部品が特に良いですね。
白いパーツも硬さと冷たさを感じさせる色合いになっていますね。



P1011680.jpg
P1011679.jpg

NさんのケッツァーとAFS Mk-Ⅱ。
機体もさることながら、フィギュアの
顔つきが凄くくっきりとしています。
他にもフィギュア作品を出展されていましたが、
どれも顔立ちがハッキリとしていて生きているようでした。
マシーネンの塗装はオール筆塗り。
傷も細かく描き入れているそうです。



P1030914.jpg
P1030915.jpg

寒太郎さんのフレームアームズ・ガール「轟雷」と「スティレット」。
轟雷はあっさりめの塗装ですが、キャラクター模型というより
スケールモデル寄りに感じます。
スティレットは、ストロングライフルを軸にオーバースケール調の
立たせ方が良いですね。
こういったやり方は他のキャラクター模型でも活かせるのではないでしょうか。







以上をもちまして、第2回長野模型交流展の作品紹介を終了とさせていただきます。
また来年度の開催も予定しておりますので、詳細は順次ブログにて発表させていただきます。
ありがとうございました。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP