長野模型練習会
毎月第二金曜日と第四土曜日に開催している模型好きの集まりです
プロフィール

長野模型練習会/長野模型制作会

Author:長野模型練習会/長野模型制作会
「長野模型練習会/長野模型製作会」へようこそ。

1)長野模型練習会の発足経緯は長野県長野市を中心に模型製作を趣味としている皆さんが気軽に参加していただける事を趣旨とし、2008年に発足しました。

 A)活動規約(長野模型練習会)をご覧ください

 B)毎月第二金曜日に開催しております。

2)長野模型制作会の発足経緯は、長野模型練習会の下部組織として若手を中心に展示会・各種コンペによる技術向上を趣旨とし、2014年に発足しました。
 
 A)活動規約(長野模型制作会)をご覧ください。

  B)毎月第四土曜日に開催しております。


【メンバーの方へ】

参加メンバーの多くが社会人のため、毎回確実に開始時間に来れる方がいないのが実情です。
そのため、メンバーの皆様で開催日に最初来た方には3階の事務局にて会場の受付をして頂くようご協力をお願いいたします。

手順は以下の通りです。

(1)予約時間を確認した上で関係者である旨を伝えてください。

(2)会場代800円を立て替えてお支払いください。

(3)領収書と、帰りに提出する報告書を必ず受け取ってください。

(4)会議室に入って電気をつけてください。

(5)終了時に集まった参加費から立て替えた800円を精算してください。

また初めて参加する方が来たときに誰もいないと困ってしまいますので、当日時間に余裕のある方は積極的に早く会場入りしていただき、受付と合わせて対応いただけるようお願いします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

このブログをリンクに追加する

~県内模型サークル・展示会組織~

松本ジョイフルモデラーズクラブ
信州うえだ模型交流会

最新コメント

~ブログ更新情報~

メンバーのブログリンク集(50音順)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク申請フォーム

この人とブロともになる

【第1回長野模型交流展】ガンプラ編 その1
第1回長野模型交流展、今回から3回に渡ってガンプラ編をお送りします。





DSCF7908.jpg

ザビーネさんのグフR35。
「ラルさんが使うなら」というイメージでウェザリングを施したそうです。
また、ご本人曰く「初めて調色に挑戦した作品」でもあるそうです。



P1020973.jpg

やまざきさんのハイモックのヴィネット。
ハイモックがモビルスーツとして活躍していたら、こんな風になるかもしれませんね。
錆の表現は「さびてんねん」を使っているそうです。



DSCF7911.jpg

やまざきさんのヴァイスゲズィヒト。
どこからどう見てもディナイアルガンダムがベースとは思えない作品です。
グラデーション塗装も施されており、格好いいですね。



P1020980.jpg

やまざきさんのグリモア。
モデグラで行われたグリモアミーティングに出展された作品です。
左手の加工には苦労されたそうです。



DSCF7915.jpg

やまざきさんのG-セルフ ヘッドディスプレイ。
エッジを中心に黒を使用したグラデーション塗装が施されています。
グリモアも同じようにグラデーションがかかっているので、統一感のある仕上がりですね。



DSCF7921.jpg

こちらもやまざきさんの作品。
HGを軸としたディフォルメ風のガンダムです。
最近のGジェネに出てきそうな感じのガンダムですね。
スケールの異なるキットをうまく使い、ディフォルメ感が出ていると思います。



P1030101.jpg

やまざきさんのグレイズ・フェルシェング。
白と黒のツートーンにバーニアやカメラのメタリックが映えますね。
メタリックの質感は、色ノ源とガイアカラーのスターブライトシルバーで再現。
純粋な金属パーツかと思うくらい綺麗でした。



P1020986.jpg

やまざきさんのHGUCギャン。
Reviveではない方です。
鮮やかな塗装がキレイですね。
どことなく、アニメ塗りのように感じられます。



P1020985.jpg

やまざきさんの旧キット群。
何の手も加えずにサクッと作られたモノです。
旧キットの箱絵などを見ると、若干暗い感じに見えますが、この4体はどれも鮮やかに塗りあがっています。
これだけでも十分に見ごたえありますね。



DSCF7935.jpg

寒太郎さんのすーぱーふみな。
プラスチックがフィギュアのように見えるな塗装で仕上がっております。
ポージングにも柔らかみがあり、全体的にフィギュアを意識しているのが伝わってきました。



DSCF7942.jpg

ムラマサさんのヴィネット。
鉄血のオルフェンズ1期の、アーレスでの戦いを再現したモノです。
グレイズ3体はそれぞれ、光沢仕上げ(ガエリオ機)、ウェザリング仕上げ(グレイズ改)、
つや消し仕上げ(アーレス所属機)となっています。
所属組織の特色を活かした仕上がりとベースで、まとまりがついていると感じました。



DSCF7946.jpg
DSCF7950.jpg
DSCF7951.jpg

こちらは、ムラマサさんが作られている3体。
MGのデスティニーは部分的にですが改修が施され、よりシャープなシルエットに近づいているように感じます。
105ダガーを軸としたストライクダガーは基のキットの可動域を殺さずに改修されていて、
完成したときの動きがすごく気になりますね。
アドヴァンスドジンクスは細かいパーツまできちんと再現されています。
肩のディフェンスロッドが特に精密にできています。
この3体の完成した姿を見るのが楽しみです。



DSCF7954.jpg

アラハバキさんのストライクフリーダム。
HGCEのモノです。
アラハバキさんは黒を下地に塗られることが多く、このストライクフリーダムも
黒下地で塗装されています。
下地の影響で、「シンの前に立ちはだかる最大の敵」といった雰囲気似を感じます。
また、スジボリも施されており、RGに少し寄ったような印象をうけました。




※次回はガンプラ編 その2をお送りします。
▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP