長野模型練習会
毎月第二金曜日と第四土曜日に開催している模型好きの集まりです
プロフィール

長野模型練習会/長野模型制作会

Author:長野模型練習会/長野模型制作会
「長野模型練習会/長野模型製作会」へようこそ。

1)長野模型練習会の発足経緯は長野県長野市を中心に模型製作を趣味としている皆さんが気軽に参加していただける事を趣旨とし、2008年に発足しました。

 A)活動規約(長野模型練習会)をご覧ください

 B)毎月第二金曜日に開催しております。

2)長野模型制作会の発足経緯は、長野模型練習会の下部組織として若手を中心に展示会・各種コンペによる技術向上を趣旨とし、2014年に発足しました。
 
 A)活動規約(長野模型制作会)をご覧ください。

  B)毎月第四土曜日に開催しております。


【メンバーの方へ】

参加メンバーの多くが社会人のため、毎回確実に開始時間に来れる方がいないのが実情です。
そのため、メンバーの皆様で開催日に最初来た方には3階の事務局にて会場の受付をして頂くようご協力をお願いいたします。

手順は以下の通りです。

(1)予約時間を確認した上で関係者である旨を伝えてください。

(2)会場代800円を立て替えてお支払いください。

(3)領収書と、帰りに提出する報告書を必ず受け取ってください。

(4)会議室に入って電気をつけてください。

(5)終了時に集まった参加費から立て替えた800円を精算してください。

また初めて参加する方が来たときに誰もいないと困ってしまいますので、当日時間に余裕のある方は積極的に早く会場入りしていただき、受付と合わせて対応いただけるようお願いします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

このブログをリンクに追加する

~県内模型サークル・展示会組織~

松本ジョイフルモデラーズクラブ
信州うえだ模型交流会

最新コメント

~ブログ更新情報~

メンバーのブログリンク集(50音順)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク申請フォーム

この人とブロともになる

【第1回長野模型交流展】AFV編(イギリス軍&ドイツ軍、陸上自衛隊)
スケールモノの作品紹介、今日から2回に渡りAFV作品を紹介します。
本日は、イギリス軍とドイツ軍、そして陸上自衛隊の車両です。





P1020862.jpg
P1020864.jpg

デコリンコ・テカリスキーさんのマークAホイペットとMk.Ⅳ。
一次戦モノは主砲が無い分、機銃やそのフォルム、塗装で見方が違ってきますね。
デコリンコさんの作品はカラーモジュレーションを意識した
塗装と抑えめのウェザリングでとても格好良かったです。



P1020865.jpg
P1020866.jpg
P1030118.jpg

ザビーネさんのチャーチルMk.Ⅶ、ファイアフライⅤc、クロムウェルMk.Ⅳ。
こちらは二次戦のイギリス軍車両群。
チャーチルとファイアフライは乾いた感じのウェザリングが大戦後期に活躍していた
ような雰囲気を出しています。
クロムウェルは、仲田裕之さんのハウトゥー本を参考に塗装されたそうです。



P1020873.jpg
P1020874.jpg

ちゅうさんのパンターG型とヘッツァー。
パンターは装備品のパーツが多く、資料を見ないと作り上げられないと言っていました。
その資料をもとに再現されたパンター、迷彩も含めてとても素晴らしい作品でした。
ヘッツァーも単色ながら、足回りのウェザリングにより、苦境で活躍していた
雰囲気を醸し出していました。



P1020876.jpg

デコリンコ・テカリスキーさんのノイバウフォールツォイク。
ドイツの多砲塔戦車です。
こちらはジャーマングレーを明るめに塗装されているためか、
くっきりとしており、多砲塔戦車らしく堂々とした風格が漂っていました。



P1030116.jpg

ザビーネさんのⅢ号戦車L型。
カラーリングは、別のメーカーから出ている同じ戦車の箱絵を
参考に塗装したとのこと。
冬季迷彩の上から、油絵の具を使って落ち着かせているそうです。
落ち着いてはいますが、冬の厳しい中で戦っている荒々しさも感じますね。



P1030117.jpg

こちらは、ザビーネさんの制作中のⅣ号戦車H型。
タミヤ製のもので、コマンダーキューポラのハッチが開閉式になっています。
シュルツェンは別加工中で、仕上がりもどうするかは決めてないとのこと。
今後の展開が楽しみです。



P1020891.jpg

leoさんの10式戦車。
フジミのちび丸シリーズです。
陸上自衛隊の迷彩は難しいのですが、これはとても見事な迷彩になっています。
フェンダーのゴム部分も塗り分けてあり、小さいながらもリアリティのある
仕上がりになっています。



※次回はAFV編(ソ連軍)をお送りします。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP