長野模型練習会
毎月第二金曜日と第四土曜日に開催している模型好きの集まりです
プロフィール

長野模型練習会/長野模型制作会

Author:長野模型練習会/長野模型制作会
「長野模型練習会/長野模型製作会」へようこそ。

1)長野模型練習会の発足経緯は長野県長野市を中心に模型製作を趣味としている皆さんが気軽に参加していただける事を趣旨とし、2008年に発足しました。

 A)活動規約(長野模型練習会)をご覧ください

 B)毎月第二金曜日に開催しております。

2)長野模型制作会の発足経緯は、長野模型練習会の下部組織として若手を中心に展示会・各種コンペによる技術向上を趣旨とし、2014年に発足しました。
 
 A)活動規約(長野模型制作会)をご覧ください。

  B)毎月第四土曜日に開催しております。


【メンバーの方へ】

参加メンバーの多くが社会人のため、毎回確実に開始時間に来れる方がいないのが実情です。
そのため、メンバーの皆様で開催日に最初来た方には3階の事務局にて会場の受付をして頂くようご協力をお願いいたします。

手順は以下の通りです。

(1)予約時間を確認した上で関係者である旨を伝えてください。

(2)会場代800円を立て替えてお支払いください。

(3)領収書と、帰りに提出する報告書を必ず受け取ってください。

(4)会議室に入って電気をつけてください。

(5)終了時に集まった参加費から立て替えた800円を精算してください。

また初めて参加する方が来たときに誰もいないと困ってしまいますので、当日時間に余裕のある方は積極的に早く会場入りしていただき、受付と合わせて対応いただけるようお願いします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

このブログをリンクに追加する

~県内模型サークル・展示会組織~

松本ジョイフルモデラーズクラブ
信州うえだ模型交流会

最新コメント

~ブログ更新情報~

メンバーのブログリンク集(50音順)

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク申請フォーム

この人とブロともになる

【第1回長野模型交流展】ガンプラ編 その2

第1回長野模型交流展の作品紹介。
前回に続き、ガンプラ編をお送りします。





DSCF7938.jpg
DSCF7940.jpg

初心者さんの千生将軍とガンキラー。
どちらもマニアックなチョイスですね。
千生将軍は、刀の多さや手持ちの武器(?)、ザクレロの鎧などが印象的ですね。
ガンキラーは刺々しく、機械というよりは生き物のような感じがします。



DSCF7958.jpg
DSCF7960.jpg

トランススイッツァンさんのMGズゴックと、HGジム・スナイパーK9。
普段はトラックなどを作っていますが、練習会に参加されるようになってから、
積極的にガンプラも作っているトランスさん。
完成品を見るのが楽しみです。



P1030009.jpg

コバタカさんのHGUCジム・スナイパーⅡ。
グレーを基調としたモノトーンの仕上げになっています。
スナイパーらしく、目立ちにくい色合いが存在感がありますね。
スナイパーライフルも部品ごとに塗り分けされており、材質が
異なる部品で作られていることが感じられます。


DSCF7970.jpg
P1030016.jpg

こちらの2体もコバタカさんの作品。
アヘッドの光沢塗装というのも珍しいですね。
暗めのメタリックが、アロウズの狂暴さや力を象徴しているようです。
レギルスは、指導者の機体らしく威厳ある出で立ちに仕上がっております。



DSCF7968.jpg
DSCF7966.jpg

コバタカさんのメタリック作品。
続いてはタブルオーとジェノアス。
どちらも先ほどの2体とは違い、抑えめの光沢仕上げです。
ダブルオーは粒子をまとい、宇宙をかけているようにも見えます。
ジェノアスはオリジナルの青いカラーが目を引きますね。
工場から塗りあがった状態で出てきたのではないでしょうか。



P1030021.jpg

ナカミヤさんの近藤風ガンダムMk-Ⅱ。
近藤和久さんの作画を意識したディテールが施されています。
1/144ですが、追加工作により少し大きめの機体にも感じられますね。
背中から出ているのは何かの武器でしょうか?
色々と想像が膨らむ作品です。



P1030029.jpg
P1030030.jpg

ユウさんのシュヴァルベ・グレイズ(マクギリス機)とAGE-1。
素組の上から、つや消しトップコートとウェザリングマスター、パステルを使って
ウェザリングをされているそうです。
それだけでも十分に魅力ある作品になっています。



P1030050.jpg
DSCF8020.jpg

ザビーネさんのジェガン(ノーマルタイプ)とジェガン(Bタイプ)。
ノーマルタイプは、リアルタッチマーカーを使ってチッピングを入れてあります。
ウェザリングも派手にやりすぎずに、薄っすらと汚れた感じになっています。
Bタイプは、スプリッター迷彩を久々にやってみたとのこと。
また、関節部を普段使っているグレー系からタンなどの淡い色合いを初めて
使ってみた作品でもあるそうです。
普段あまりやらないことをやってみるのも、プラモの醍醐味ですね。



※次回は最終回、ガンプラ編その3をお送りします。



▲TOP